税金も含めて考える別荘の不動産の取引

別荘の不動産を売買するときには税金も含めて考えることが重要になります。そのエリアに別荘を購入するとどれだけの維持費がかかるかは最初に考えておかなければなりません。地価が高い場合には固定資産税はずっと高いままかかることになりやすく、都市計画税もかかる場合には飛躍的に税額が大きくなってしまうからです。人気のエリアで都市部も近いとなると税金が高くなってしまいがちですが、やや人気が低迷しているエリアで都会からも離れていれば維持費をかなり安くすることが可能です。不動産の価格を見るときには土地と建物を分けて考えるのが大切になります。建物については経年劣化をしていけば固定資産税評価額が下がっていくことに加え、もともと簡素な構造になっていれば安くなることも珍しくありません。

このような視点から別荘を購入してしばらく利用した後、使わなくなったから売ろうということもよくあります。不動産会社に仲介を依頼するときには少しでも高く売りたいと考えて吟味をするのが一般的ですが、別荘を売るときには特に吟味に一括査定を使うのを避けるのが無難です。査定価格で決めるのはNG!仲介を任せてはいけない不動産会社の特徴という記事を参考にするとよくわかりますが、査定価格を高くして自社に仲介を依頼してもらおうと考えることは少なくありません。一般のエリアにある不動産であってもそういう傾向がありますが、別荘の場合にはそもそも相場を不動産会社側が理解できていなくて適正価格での査定ができない場合すらあるのです。悪徳だからという理由ではなく特殊な環境にある不動産の扱いに慣れていないことが多いために一括査定を使うリスクが大きくなっています。

自分の持っている不動産のあるエリアで活躍している別荘専門の会社に仲介を依頼するのが無難な選択肢です。流通のさせ方や相場をよく理解しているからというのが重要な理由です。それによって早く適正価格で売ることができれば納めなければならない税金も減らすことができます。使わなくなったらすぐに売れるようにするのが重要であり、いつも住んでいる家というわけではないからこそ、流通に長けている不動産会社に仲介を依頼するのが賢明なのです。地元の専門外者は最も有力な候補になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です