軽井沢の別荘用不動産についての知識

軽井沢は古くから別荘地として人気が有り富裕層や有名人の方の別荘が有る事で有名で不動産価格は世の中の経済情勢とは全く無関係で常に右肩上がりです。しかし場所により不動産価格は大きく違いますので、うまく探せば別荘を持つ事も夢ではありません。全体は以下の6つの地域に分けられます。

・旧軽井沢
最も格式が高く各界の著名人の方や富裕層の方が大別荘を持っている所です。一万坪を越える物件も沢山あります。
この場所に別荘を持つ事は簡単な事ではありません。主に保養を目的としている地域ですので静寂な場所で交通や買い物には不便な所ですので車での移動が前提となる場所です。この地域の坪単価は50万前後ですが規制により敷地は
最低でも300坪の広さが必要ですので、この地域に家を建てるには最低でも二億円近くが必要です。しかし、この地域にはそういった小さな物件は存在しませんので仮に作っても浮いた存在になってしまうでしょう。
・中軽井沢
中軽駅に近く学校や商店街なども有り日常生活に便利な所です。豊かな自然が残り、温泉や自然体験が楽しめます。駅周辺整備事業も行なわれており最も注目を集めている所です。
・新軽井沢
国道18号線を東に向かう右側の地域です。観光客が多い場所で商業テナントが充実しており一般住宅も多い所です。
・南軽井沢
のどかな雰囲気で開発も進んでいる所です。手頃な価格の不動産が多い地域でゴルフやガーデン散策も楽しめます。
・南ケ原/南原
高速のインターチェンジからのアクセスが良く大手企業の保養所が多い所です。一流レストランなども進出しており今後、注目を浴びる場所です。
・千ヶ滝
昔から多くの知識人や、作家に愛されてきた名門地域です。自然豊かな所で、ここだけは独特な時間が流れている、と言われます。ですが温泉やショッピングモールの建設なども計画されており、これからは変化していくかもしれません。

別荘も、まずは一般的な土地の選び方に従って検討されるべきです。こちらから一般的な土地の選択基準を知る事が出来ますので御参照下さい。マイホームを建てたい方のための、賢い土地の選び方ただ6つの地域には、それぞれの地域の雰囲気と言う物があるので、それを確かめてから購入されるべきです。保養・ゴルフ・テニス・パーティー等、目的は色々有ると思います。その目的を明確にし、それに合った地域から選択をされるべきです。また軽井沢では自然保護の観点から他の地域に比べ建築規制が非常に厳しく木を一本、伐採するにも申請が必要です。ですので新築では無く中古物件を買われた方が手間がかからずに済む事が多いのも覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です