兵庫県の別荘を売却する時必要な不動産の書類

不動産の売却で「必要になる書類」と「所有権移転の登記」について

兵庫県で別荘を売却する場合、一部の書類が必要となります。不動産の売却では、その物件の権利証が必要です。現在は権利証の意味も変わってきましたが、所有権を持っていることを証明する書類は必要となります。物件が建築物の場合は、建築確認申請の副本が必要となります。建物が鉄筋コンクリート造などの、構造計算が必要となる建物の場合は、さらに、構造計算書が必要となります。通常、構造計算書は建築確認申請の複本に添付されています。兵庫県の別荘の売却においても、建築確認申請書の副本が必要となります。不動産取引で重要な意味を持つのが、検査済証です。検査済証は、建築確認申請が出された建築物が、申請の通りに出来上がったことを証明する公的な書類です。建物の不動産的な価値は、検査済証によって担保されると言っても過言ではありません。

建築基準法による検査済証を保管していなかった場合は、管轄の自治体の窓口で、当該物件が建築確認申請を経て工事が始められ、完了検査に合格しているかどうかを確認する必要があります。物件の登記事項説明書等を提出することで、確認が出来る場合があります。しかし、それは物件の築年数が比較的新しい場合で、古い物件の記録は役所でも保存していない場合があります。その時は、建物が合法的に建てられていることを証明できなくなり、売却が困難になることも考えられます。

建築確認申請の副本は、建物を購入した新たな持ち主が、増改築等を行う場合に必要となります。検査済証のように、死活的に重要なものではありませんが、建物に手を加える場合に必要となります。不動産の売却では、土地に関して取り決めた書類を、買主に手渡すことが求められます。土地に関する取り決めとしては、土地境界の協議や、二項道路の協議書等が該当します。売価においての重要事項説明では、物件に関する重要事項の説明がなされます。その時点で、必要な書類の提出が求められ、紛失等の場合は売却までに時間がかかる場合もあります。不動産は登記事項以外にも必要な重要なことがあります。兵庫県の別荘を売却する場合は、境界の明確化などの実際の物件の確定と共に、必要な書類を用意しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です