高原と温泉がある別荘が魅力の九州の不動産

九州に別荘が欲しいというときに知っておくと良いのがその特徴です。エリアの特徴として全般的に高原の不動産が多く、火山帯に位置していることから温泉が豊富にあります。広い高原の散歩をしたり、森林浴を楽しんだりしつつ、温泉も満喫したいというときには優れているエリアです。人気が高いエリアとして知られているのが由布高原や阿蘇郡南阿蘇村であり、どちらも温暖な機構でのんびりとした生活をするのに適しています。由布高原には温泉がいくつもあり、温泉付きの物件もあるので気軽にいつでも温泉を楽しめるのが魅力でしょう。一方、阿蘇郡南阿蘇村では家庭菜園を楽しめる土地が十分にある物件が多く、自給自足の田舎暮らしを楽しみたいという人にとってかけがえのないエリアとなります。

不動産価格としては九州の別荘は比較的安価で手に入れやすい部類に入ります。都会からは大きく離れている別荘地が多いからであり、アクセス性に問題がないことを確認して不動産を購入することが重要です。阿蘇郡南阿蘇村のようにインフラ整備もあまり整っていないエリアも多く、長期的な生活をするには覚悟が必要になる場合もあるので注意しなければなりません。しかし、比較的整備が行き届いている森林住宅地もあるので選択肢は広いでしょう。整備が行き届いているほど全体としては地価が高くなっていて取引価格は高くなりやすい点には留意しなければなりません。

別荘地の売買ではしばしば取引事例比較法が用いた査定に基いて販売価格が決定されます。不動産の売却で査定に用いられる「取引事例比較法」とは?を参考にするとよくわかりますが、過去の売買履歴に基いて価格を決めるのが特徴です。九州の別荘地は古くから存在しているものが多く、繰り返しの売買が行われている不動産も多数あります。そのため、取引事例比較法によって販売価格が決まっていることがよくありますが、それが現行の相場に必ずしも合っていない場合もあるので注意しましょう。路線価から地価を計算したり、建物の老朽化の程度を考慮したりすると明らかに相場よりも高いという場合があります。そのようなときには適正価格での購入ができるように不動産会社との交渉を行うことも大切です。同様のことが売却のときにも言えるので、売れないときには自分で価格を算定してみるのが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です