関東の不動産の中でオススメの別荘

関東で別荘購入する場合、高いお金を出して購入してみても、問題が発生する場合があります。あるいは購入してみたけども理想としていた物件とは違う可能性も否定できません。そうだとすれば、購入する前に注意点を意識しておいた方が良いでしょう。いくつか注意をしなければならないことがありますが、注意点の1つ目は、その土地がどのようになっているかです。別荘になりそうな土地は、景色の良い所や森林の中の可能性が高いですが、ある程度平地であれば問題ないものの、山の中腹にある造成地の場合には土地が沈む可能性があります。例えば盛り土をした場合は、人工的に土を盛っていますので、時間の経過とともに建物が傾くことも考えておきましょう。それでも心配な場合は、築年数が1年以上の建物を購入するべきです。1年も経過すると完全に地面が固定されるからです。そうすると、必然的に中古別荘になってしまいますが、絶対に新築でないと嫌だと言う場合を除いては、中古別荘の選択肢もアリでしょう。築年数が浅い物件で、割と良い状態の物件を手に入れるならばオススメです。
不動産会社をしっかりと選ぶことも大事になります。不動産会社の多くはしっかりとした考え方で営業をしていますが、中には悪質な不動産会社もあります。営業マンとしては、1つでも多くの物件を売ることができれば、報酬につながるため、あまり質がよくない物件を平気で売りつけられることもあります。例えば、外観と中身はきれいでも、壁がすでに朽ち始めている物件を売りつける場合です。いくら確認をしてもその道のプロでない限り壁の中までは見ることができません。もし、すぐに契約を結ぼうとする営業マンや、人気の物件なので早くしないと売り切れてしまうと焦らせる営業マンの場合には、購入するのはやめましょう。逆に、顧客の判断を尊重する不動産会社で買うことはオススメです。
最後に、物件の周辺の環境が重要になります。基本的に別荘は、普通の住宅と異なり、立地によっては利用しにくいことも考えられます。例えば、関東の中でも冬場に雪がよく降る場所は道路が雪に埋まっている場合が考えられます。まわりにたくさんの別荘地がある場合には管理会社や地方自治体で除雪してくれます。しかし、ポツンと1軒しか建物がない場合には、雪かきがされておらず、建物まで到達することができない可能性がありますので、購入する前に冬場の状態も聞いておく必要があるでしょう。無事建物に到達できても、水道管が凍っていて水が出ないことも考えられます。このようなことが考えられますので、事前に積雪対策ができている物件を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です