別荘地で人気の函南町で持ちたい不動産

静岡県の東部に位置する田方郡にある函南町は、伊豆半島の付け根に三角形の町域を有しているエリアです。65平方キロメートルの面積に約4万人の人々が暮らしています。特徴ある町名は、函嶺とも呼ばれる箱根山の南にあることから名付けられています。町内には、箱根山の南西麓にあたる1,000メートル級の山々がそびえ、丹那山地に続く標高30~40メートルのなだらかな丘陵地や標高10メートル以下の田方平野など、変化に富んだ地形が特色になっています。近隣の沼津市や三島市などとともに県東部の中心都市部を形成しています。東海道線を利用するなどして、東京から短時間で行き来できることもあって、早くから別荘地として開発されてきた歴史もあります。

函南町の別荘地にある不動産のメリットは、熱海市で課税されるような別荘税がかからないことです。熱海駅から車で20分ほどというアクセスの良さでありながら、熱海市ではないことで税金がかからないというのは、不動産を持つ上でありがたいポイントです。便利さという点では、函南駅から専用バスが利用できるということもあって、駅から15分ほどで別荘地があるエリアに到着することができます。エリア内には、停留所が20ヵ所ほどあり、いずれのポイントからも便利に利用できるようになっています。特筆すべきは、やはり温泉です。源泉が3本あり、弱アルカリ性単純温泉が湧出しています。治安の面でも安心できるポイントがあります。別荘地の入り口に検問所があり、昼間はモニターで、夜には有人で不審者の進入を防ぎ、夜間は3回の定期パトロールが実施されています。買い物や飲食の面でも、ショッピングセンターやレストランがあることで不便を感じないようになっています。さらに、高齢となってから重要となる病院があるのも嬉しいポイントです。内科、整形外科、皮膚科、リウマチ科、リハビリテーション科を有しています。

この地域の魅力は、何といっても富士山の素晴らしい眺望が楽しめるところです。駿河湾にむけて広がる雄大な裾野が、富士山本来の魅力をより強く際立たせています。不動産を手に入れるにあたって、富士山の眺望にこだわる人は少なくありませんが、函南から見える富士山の美しさは、値千金と言えます。カントリーの雰囲気を大事にしたい人にとっては、丹那山地周辺の丘陵地で行われている畑作や酪農の賜物で、特産品となっている丹那牛乳や函南西瓜などを味わい、楽しむことができます。平野部は水田として利用されていますので、趣深い田園風景も望めます。静かな温泉郷として人気を集める畑毛温泉や、関東・東海の十国を見渡せる十国峠の絶景など見どころに恵まれており、三島や沼津の華やかな夜景など、たくさんの魅力をたたえたエリアとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です